2020年12月28日月曜日

魚沼三昧

 今日は、12月28日・・ここ津南では、この28日にお正月用のお餅をつく風習が今でも残っています。今では、杵と臼ではなく、餅つき機を使い餅をつくことが、イマドキではありますが。

29日は、「二重苦」と言って「九」が「苦」に通じることから縁起が悪いとされているため、12月28日か30日に餅をつきます。

この日に、お宅を訪ねると、餅をつくいい香りがし、お正月がやってくる!と嬉しかったり、気持ちが、せかされたり。

そして、ここ津南では、年末から年始にかけ、特産品が食卓をにぎわせます。

大晦日のお蕎麦、お正月のお餅。

そして、今年もこの季節がやってきました!

お米の美味しい津南ならではのお正月セット・・「魚沼三昧」をお試しで食べてみませんか?




0 件のコメント:

コメントを投稿